整体なら江南市の整体院 健康快復センター江南(腰痛、肩こりなど)

家庭での対策

トップページ > 家庭での対策

家庭での対策

腰痛

原因

腰痛には種類があります。ヘルニア、ぎっくり腰、脊椎すべり症、脊椎分離症、椎間関節症など。
どの腰痛も、症状の出る前あるいは出た時に筋肉の硬直があります。もちろん、骨のズレも原因の一つですが、ズレた周囲の筋肉は硬くなります。

その硬い状態が長引くと、慢性腰痛になります。
慢性腰痛は骨に異常が無いので、病院でレントゲンを受けても「異常ありません」と言われ、湿布が出る程度で終わります。

慢性腰痛が更に長引くと、椎間板に負担がかかりヘルニアや椎間関節症になったり、骨が変形し変形性脊椎症など病的な腰痛になります。
また、深層筋肉が硬直すると、背骨の動きを邪魔し、ぎっくり腰になります。

江南市の整体 健康快復センター江南の腰痛の説明
予防方法

どんな腰痛も始めは筋肉の硬直から始まります。
だから、硬直を防ぐ事が腰痛予防の第1歩です。

硬直を防ぐ方法

  1. 適度に動く
  2. ストレスを溜めない(ストレスは無意識に筋肉を硬直させます)
  3. 充分な睡眠(睡眠不足も筋肉が硬直します)

この三つは、肩こりの予防と同じですが、これがやれると、自然と健康的な生活ができます。
つまり、コリや痛みは、不健康の始まりなんですね。

自宅で行う改善方法

1.保温・温熱
血流を良くする事が大切です。硬くなった筋肉には乳酸など疲労物質が溜まっているので血流を良くし、疲労物質を流すと筋肉が回復します。
簡単な方法は、貼るタイプの使い捨てカイロを痛む箇所に貼るのもお勧めです。

2.ストレッチ、体操
ストレッチや体操で硬くなった筋肉を軟らかくします。腰痛改善として行うには、背部・臀部(お尻)・腹部が特に重要です。更に、太もも(表裏側とも)・ふくらはぎ・脇腹も行うと効果的です。

3.ベッド(布団)
雑誌やテレビでは、「腰痛には硬めの布団が良い」と紹介していますが、一概には言えません。

腰を曲げて痛む場合は、確かに硬めの布団が良いです。軟らかいと腰が沈んで、腰が曲がった状態で寝る事になり、痛みやすくなります。

腰を反らして痛む場合は、硬めの布団で寝ると悪化しやすいです。布団が硬くて、仰向けで寝ると、腰が少し反った状態になります。腰が痛む姿勢で寝る事になるので悪化しやすくなります。この場合は、柔らかめの布団にして、腰が反らないようにします。

4.イス
座った時にお尻が沈むイスは、腰に上半身の体重がかかり、悪化します。
座った時に膝の高さより、お尻が下になるイスは腰痛を悪化させます。
また、浅座りと言って、お尻をイスの前の方に突き出し、背中でもたれる姿勢も腰痛を悪化させるので注意して下さい。

上記で1と2は、慢性腰痛や軽い腰痛の場合です。
筋トレは間違って行うと、痛みが悪化する事があります。痛みが無い時に予防として行うのはいいですが、痛い時は控えた方が無難です。
椎間板ヘルニア、ぎっくり腰など急性腰痛、シビレや熱感がある場合は温熱や体操を行うと悪化する事があるので専門家にご相談下さい。

来院の目安
  • 痛みが長引く
  • 痛みが強い
  • 自分なりに対処したが改善しない
  • どう対処したらいいか分からない
  • 仕事や家事など腰に負担がかかり改善しにくい

などの場合は、頑固な硬直や腰椎や骨盤の歪みが原因で矯正が必要な場合があるので、来院をお勧めします。

ページトップへ

 

 

肩こり

原因

多くの肩こりは、僧帽筋という肩の筋肉の硬直です。
僧帽筋だけの硬直なら、少し運動をすれば改善します。でも、肩こりが長引くと、僧帽筋以外の筋肉まで硬直します。
肩甲骨周囲や背中、胸、首、頭など硬直が広がっていき、頭痛や眼精疲労、吐き気、背部痛、息苦しいなどの症状が出る事もあります。

江南市の整体 健康快復センター江南の肩こりの説明
予防方法

基本的には筋肉の硬直を防ぐ事です。

硬直を防ぐ方法

  1. 適度に動く
  2. ストレスを溜めない(ストレスは無意識に筋肉を硬直させます)
  3. 充分な睡眠(睡眠不足も筋肉が硬直します)

    腰痛予防と同じですが、筋肉の硬直を防ぐ事が痛みやコリの予防になります。

自宅で行う改善方法

1.保温・温熱
コリは筋肉の硬直そのものです。機械も寒いと暖機運転をしますが、人間も冷えると硬直します。だから、冷えを防ぐのは当然ですが、更に暖めると改善が早くなります。
夏はエアコンや扇風機で意外と肩が冷えています。冬は厚着をして保温していますが、厚着が肩の負担を増やし、筋肉を硬直させてしまう事があるので注意が必要です。暖房器具など上手く使って下さい。

2.ストレッチ、体操
ストレッチや体操も筋肉をほぐす良い方法です。肩こり対策で行うなら、肩から首にかけてを伸ばすようなストレッチをします。更に、背中や胸、脇腹を伸ばすストレッチも行うと効果的です。
体操なら、肩の上下・回転運動をします。首を回す運動は、首を傷めやすいのでお勧めしませんが、前後左右に動かす運動はお勧めです。

3.パソコン・読書時
パソコンや読書の時、画面(または本)があまり高い位置にあると、すこし首を持ち上げる姿勢になるので凝りやすくなります。反対に下過ぎると、うつむきになり、首から肩に負担をかけ凝ります。パソコンや読書時に凝る人は、高さを調整してみて下さい。
また、正しい姿勢でも長時間同じ姿勢でいると凝りますので、1時間に1回程度は動くようにして下さい。
携帯電話を長時間、操作する人も同じです。

4.筋トレ
肩の筋肉は、腕の重みが掛かります。筋肉が弱いと、負担に負けて凝ってしまいます。
女性に肩こりが多いのは、その為です。
肩の筋肉を増やすトレーニングをすると、腕の重みに負けなくなり、肩こり予防になります。
ただ、トレーニング自体が筋肉を疲労させ硬直します。徐々に始め、トレーニング後はストレッチ、整理体操を充分にする事が必要です。

5.気分転換
肩こりは気分で大きく左右されます。
同じ座っている姿勢でも、パソコンでは凝るのに、楽しい食事では凝りにくいです。
緊張したり、神経を使うと凝りやすくなるので、定期的に気分転換をしたり、楽しい事をするのも肩こり対策になります。
仕事中でしたら、アメをなめる、可能ならガムを噛む、など緊張をほぐす対策をするのも有効です。

来院の目安
  • 肩こりが長引く
  • コリ以外に頭痛など他の症状も出る
  • 自分なりに対処したが改善しない
  • どう対処したらいいか分からない
  • 仕事や家事など肩に負担がかかり改善しにくい

などの場合は来院される事をお勧めします。

頑固な肩こりに感じても、実際には頸椎ヘルニア、胸郭出口症候群など他の原因が隠れている場合もあります。また、頸椎(首の骨)や胸椎(背中の骨)のズレが原因の事もあります。
自分では、なかなか改善しない場合は来院される事をお勧めします。

ページトップへ

 

 

頭痛

まず下記の場合は病院の診察を受けて下さい。

  • 血圧が高く、めまいがある。
  • 動悸があり特に左の肩が凝る。
  • 頭痛は激痛だ。
  • 真っ直ぐに歩けない。
  • 舌がもつれる。
  • 時々、力が抜けてフワーとめまいがあったり、物を落としたりする。
  • 視覚に異常がある(視野が狭い、色覚異常など)
江南市の整体 健康快復センター江南の頭痛の説明

この様な症状を併発してる場合は重篤な病気が隠れている場合があるので至急、病院で診察を受けて下さい。

原因

一般的な頭痛の場合、大きく分けて2種類の原因があります。

・緊張型頭痛
筋肉が硬直したのが原因

・片頭痛(偏頭痛とも表記します)
脳の分泌物セロトニンが血管の異常収縮や炎症を引き起こし、三叉神経を刺激して痛みます。

予防方法

いずれの頭痛もストレスは大きな原因の一つです。

日頃から

  1. ストレスを溜めない
  2. スポーツや趣味など気分転換をする

など緊張をほぐす事が大切です。

筋肉性の頭痛の場合は、肩こり対策を行う事も重要です。
片頭痛の場合は、一部の方でチョコレートや赤ワイン、チーズの成分が引き起こす事があります。
頭痛が出た時に、食べていないかチェックし、当てはまる場合は今後控えて下さい。

自宅で行う改善方法

緊張型頭痛の場合
筋肉の硬直が原因なので、入浴や運動などし血流を良くします。

片頭痛の場合
血管の異常拍動を抑える為に血流を良くしてはいけません。神経を静める為に、冷暗所で安静にし、涼しくします。もし気持ちよければ、痛む箇所を軽く冷やすのもいいです。多くの範囲を冷やすと筋肉が硬直し、筋肉性の頭痛を併発し改善を難しくする事があるので、気持ち良い範囲で行って下さい。アルコールも控えます。

来院の目安

頻繁に頭痛が出る場合や、なかなか改善しない場合は頸椎の歪み、頑固な筋肉硬直、神経の異常興奮など自分では対処しにくい原因があります。
また、疲労が溜まり回復する時間がない、長引く睡眠不足なども症状を引き起こす前段階なので、来院されるといいです。

ページトップへ